ホームヘルパー資格取得体験談!働きながら転職するならココ

ホームヘルパーを目指す皆さんへ

ホームヘルパーを目指す皆さんへ

ホームヘルパーはまだまだ人材不足なんです!

ホームヘルパーは正式には訪問介護員と言います。地域の介護のお仕事を担っている大切なお仕事です。日本は高齢化社会と言われてます。現役ホームヘルパーの私からみても、ヘルパーさんの人数はまだまだ必要で、全然その数は足りていないのが実情です。

ホームヘルパーになって、有難いことに、仕事がなくて困った事がありません、時給も1200円とか2000円と比較的高額で、生活を支えていくにも十分なお給料も頂いています。

ホームヘルパーになりたいと考えているなら、迷っていては、非常に勿体無いです。 資料請求は無料で出来ますので、まず情報収集から始めましょう!



ホームヘルパーになって働くには

ホームヘルパーになって働くには

ヘルパー受講前の情報収集が肝心!
ホームヘルパーになるには、ホームヘルパー2級(訪問介護員)は講座修了するだけなので、それ程難しくはありません。

(ちなみに、男性のホームヘルパーの方も結構多いです) 私の場合、タウン誌で無名の講座を探して受講して、ハローワークや求人誌で仕事を探しました。

はじめての職場は、ベテランヘルパーが好きな勤務時間を独占していて、好きな勤務時間を選べずに、苦労して、結局、仕事を探しなおしました。

ハローワークや求人誌での仕事探しだと、勤務先の人間関係や本当の待遇面までわかりません。時給や待遇面で良い就職先の相談や紹介を受けられるシステムを持つ講座で受講する方が最初は良いと思いました。

私のような苦労をしないためには、情報収集・比較検討が大切です!無料で資料請求できる通信講座・通学講座を紹介しますので活用しましょう♪



ホームヘルパーの気になる今後は?

ホームヘルパーの就職先と探し方

今のうちに、ホームヘルパー2級を取っておきましょう!

現在、政府の方針としては介護保険に伴なう報酬を得る「介護職」で働くには 「介護福祉士(国家試験)」を持っている事が条件となるようにしたいと考えているようです。


このため、近い将来、ホームヘルパーの資格は「廃止」になって、今後どうなるのかわからないから、今はホームヘルパー2級を取得するのはやめておいた方がいいの?とよく質問されますがこれは間違いです。


ホームヘルパー2級を持ってると、ホームヘルパー1級よりも上級資格扱いになる「介護職員基礎研修」を受講するときに、とても有利になるからなんです。


介護関係では、実際に働いてきた時間である「実務経験」が重視されます。実務経験の年数で、試験科目や実習時間が短縮される事が多いです。これは、介護できる人の人数は増やしたいけれども、しっかり技術を持った人を養成したいと考えているからでしょう。


「介護職員基礎研修」は、ホームヘルパー2級を取得して、かつ、1年以上の実務経験があれば、受講期間は3分の1に大幅短縮、費用も3分の1に大幅にカットされます。


実務経験を重ねるには、イチ早く働き始める必要があります。今後は、介護の資格は、今以上に取得するのが難しくなってくると考えられます


介護職員基礎研修も、ホームヘルパーの介護福祉士必須の前段階の資格として設けられたと考えるのが自然の流れだと思います。


介護の仕事を始めたいと思っているなら、今のうちに、受講するだけで取得できるホームヘルパー2級資格を取得しておくようにしましょう!